フリーランスの不安と解消法

近年特定の企業に専従せず個人事業主として、企業やお客様から請け負った業務を遂行するフリーランスに注目が集まっています。人間関係のストレスが少なく時間の都合をつけやすいとの理由から憧れる人が多くいますが、実際フリーランスで働く人の中には将来に対する不安を持つ人もいます。

この不安は主に毎月の収入が安定しにくい事と、今の仕事がいつまで継続できるのかという事です。フリーランスは基本個人事業である為、万が一仕事がなくなった場合の保険制度がないのです。例えば体を壊して仕事ができなくなった場合企業に勤めていれば休業補償、失業保険がありますが、個人にはありません。またクライアントに仕事を断られ契約を切られた場合も、同様です。

そうした不安を除く為に個人事業主として働くのであれば、日ごろから収入管理をしっかりして貯金する事と常に向上心を持つ事が大切です。まず貯金はサラリーマンで言う保険と考え、万が一の時の生活の為に最低半年分の生活費を目安にすると良いです。また向上心に関しては継続して仕事を頼まれていても、企業側が自分より優れた人材を見つけた時にその人に契約を変更してしまう事を避ける為です。また仕事を増やす為に常に自分ができる事を増やしていき、時にはクライアントに対し技術の提案をしたりしながら信頼を得る事も大切です。その為に自分の技術や提案、条件等を第3者に分かりやすく伝えられるように日ごろから意識すると良いです。