フリーランスが抱える不安とは

フリーランスとして独立すると様々な不安を抱えるようになります。まず会社勤めとは異なり収入が安定しないことがあります。仕事は基本的に自分で営業して獲得する必要があります。会社というバックボーンが無いために、信用を得るための実績作りも必要です。つまり、当面は採算よりも信用力を高めるための仕事探しが必要というわけです。たとえ単価が安い仕事でも請け負い、実績を重ねて次の仕事につなげることが大事です。

そのためには当面の生活費を用意しておくことも大事となります。そしてある程度の仕事を取れるようになったなら、次は単価を上げていくことが必要となります。このように上手く仕事をコントロールすることが求められます。その流れを上手く掴むことができるかの不安も抱えるようになります。またフリーランスとなれば、その他に実に多くの雑務をこなすことも必要となります。帳簿をつけたり確定申告をしたりと本業以外にもこなすべきことが多く、時に本業に集中できない焦りも感じることもあるでしょう。そのような中で上手く仕事をこなしていくことができるのか、収入を確保することができるのか不安になるわけです。さらに早い技術の進歩に、ついていけるのかどうかという悩みも抱えることになります。

フリーランスの強みは企業では対応できないニッチ業務に対応できることです。常に新しい技術にアンテナを張って対応できるようにする努力も必要となるわけです。そうすることで、企業という競合に勝ることに繋がりフリーランスとしての自身にも繋がっていきます。独立後の不安をどのように解消しプラスにもっていくかは、対策次第です。不安や難点に対しては【独立してからわかるフリーランスの不安】をご覧になり、ひとつひとつ解決していくことをおすすめします。